Home > 古き良き旅館だってある!

温泉旅館で、できるだけ快適に過ごしたい…旅館選びの際、ほとんどの方がそう考えていることでしょう。そうなれば、できるだけ新しい旅館の方がいいと思われるかもしれません。確かに、まだオープンしたばかりの新しい旅館であれば、客室も綺麗ですし、設備だって最新のものです。なので、快適に過ごすことができる可能性は高くなります。
ですが、古い旅館では快適な時間を過ごすことはできないのでしょうか?そんなことはありません。歴史のある温泉街では長い歴史を持つ老舗旅館も高い人気を集めています。なので、古い旅館だからといって選択肢から外していると、本当にあなたを満足させてくれる旅館を見逃してしまうことになるかもしれません。
もちろん、ただ古いだけでまともに手入れもされていないような旅館は論外です。しかし、古き良き旅館だってたくさんあるのです。ここでは、そんな旅館の魅力についてお話してみたいと思います。あなたの旅館選びの参考になれば幸いです。

古い木の温もりを味わえる老舗旅館


近年の新しい旅館の多くは鉄筋コンクリートの建物がほとんどです。一見和風建築のようなデザインになっていても、中身はコンクリート…なんて旅館も少なくありません。確かに、建築にかかるコストやメンテナンス性、強度、断熱性などを考えるとメリットが多いのかもしれません。
ですが、昔ながらの木造建築の建物にしかない「古い木の温もり」を感じることはできません。近年では日本でも鉄筋コンクリートの集合住宅で暮らしている方が多くなっていますので、普段の生活の中では、木の温もりに触れられる機会はどんどん少なくなっています。
それに触れられるという点も、古い旅館ならではの魅力と言えるでしょう。しっかりと手入れすることによって、そんな古い建物ならではの魅力を残しながら、快適性を保つこともできるのです。

文化財指定されている旅館もある?


国や各自治体の文化財指定されている建物…というとなかなか直接触れることができないものというイメージを抱いている方も多いかもしれません。
しかし、老舗旅館の中には文化財指定されているところもあります。もちろん文化財とは言っても宿泊することができます。普段の生活の中では、文化財指定されている貴重な建物の中で過ごす機会なんてほとんどありません。まさに貴重な体験になることでしょう。

昔ながらの芸妓をむかえる宴会も格別

古き良き旅館も建物だけではなく、旅館を訪れる際には宴会を催すことが多いです。
その中で、宴会を更に盛り上げてくれるのが宴会でお酒やお話をしてくれる芸妓あらためコンパニオンの人たちがいます。
良き旅館の中で古きよき文化を堪能するのも格別です。今はでは宴会コンパニオンという形で行ってくれるので、気になった方は以下のオススメ旅行会社があるので、利用してみるもの一つです。

以下、リンクをクリックすると対象のサイトへリンクします。
宴会コンパニオン旅行