Home > 手入れされていない旅館は避けるべし!

ネットでちょっと検索をかけただけでも、今は多くの温泉旅館がヒットする時代です。エリアを限定しても、熱海や草津、別府といった大温泉街となると無数の旅館があります。なので、温泉旅行へ行くにしても、どう旅館を選べばいいのかわからなくなってしまうものです。
もちろん、多くの旅館の集まるエリアであれば競争もそれだけ激しくなります。なので、それぞれの旅館がより良いサービスを目指しています。しかし、その一方で残念な旅館だってあります。これまでに何度も温泉旅館を利用したことがある方であれば、旅館のサービスの悪さなどでガッカリしてしまった…そんな経験をお持ちなのではないでしょうか?
それでは、どうすればそんな残念な旅館を見分けることができるのでしょうか?いくつかのチェックポイントがありますが、ここで特に取り上げたいのが「手入れをされているかどうか」です。
もちろん、例外はありますが手入れをしっかりとされていない旅館はあらゆる面で残念なケースが多いのです。それはどうしてなのでしょう?理由をチェックしてみたいと思います。

手入れされていない旅館は客室が汚い!

旅館で過ごす時間の快適さのほとんどは客室で決まると言っても過言ではありません。ほとんどの方が、客室で一番長い時間を過ごすことになりますので、それは当然のことと言えるでしょう。

手入れされていない旅館の場合、そんな客室が汚かったり、設備が整っていかったりというケースも多いのです。言うまでもありませんが、汚い客室では、心からくつろぐことはできないでしょう。それどころか嫌な気分になってしまうかもしれません。また、設備が手入れされていない場合、もっと嫌な想いをすることになるかもしれません。エアコンの効きが悪ければ、夏は暑く、冬は寒い状態で過ごさなければなりません。トイレなどの手入れが行き届いていないと、利用するのも嫌になってしまうことでしょう。

手入れされていない旅館はサービスも悪い?


旅館そのものがしっかり手入れされていない、という事はそれだけお客さんに配慮することができていない…とも言えます。また、従業員の教育や管理もできていない可能性だってあります。
なので、サービスも悪いケースが多いのです。客室が汚い上に、サービスも悪いのであれば、快適な旅にすることなんてとてもできないでしょう。もちろん、手入れされていない旅館のすべてがサービスが悪いというわけではありませんが、そんな傾向が強いということを頭に入れておきましょう。

しっかりと手入れされていない旅館は残念なケースが多いので、旅館選びの際には注意するようにしましょう。